湿邪と脾 ~中医学のことなら健(けん)禄(ろく)(けんろく)へ!~

お問い合わせはこちらWEBショップはこちら

湿邪と脾 ~中医学のことなら健(けん)禄(ろく)(けんろく)へ!~

湿邪と脾 ~中医学のことなら健(けん)禄(ろく)(けんろく)へ!~

2021/05/27

湿邪と脾 ~中医学のことなら健禄(けんろく)へ!~

今年の梅雨は長梅雨になりそうだとニュースで耳にしました。

雨模様が続くと覚悟しなくてはいけませんね。

 

ジメジメした気候は湿邪となって体を犯します。

 

前回、「これから夏の終わりまで、脾が弱まる」と書きましたが、これは「脾の運化機能が弱まる」

ということです。

 

脾が正常に機能していれば、飲食物は消化、吸収され、余分な水分は尿や汗となって体外に排出されます。

しかし、この機能がうまく作用しないと、体が浮腫み、尿の量が減り、体は重だるくなるのです。

 

湿邪は舌の状態にも現れます。「白膩苔(はくじたい)」と呼ばれ、一層のねっとりとした苔で覆われるのが特徴です。

 

また、湿邪は住んでいる場所も関係してきます。「昔、沼地だった」「海や川の近く」といった土地では、

知らず知らずに湿邪の影響を受けるのです。

 

脾を大切にするには、暴飲暴食をせず、よく噛んで食べることをおススメします。

 

☆はと麦

  ヨクイニンとも呼ばれます。

  消化機能を回復させ、湿邪を尿として排出します。

  体の余分な熱と膿を取ります。

 

☆梅

食欲不振を解消し、整腸作用があります。

 

疲労回復や、食中毒の予防にも用いられます。

 

 

高級漢方サプリメント

健康サプリ通販

中医学セミナー

漢方健康セミナー

 

株式会社 健禄

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。