目の疲れ(中医学のことならケンロクへ!)

お問い合わせはこちらWEBショップはこちら

目の疲れ(中医学のことならケンロクへ!)

目の疲れ(中医学のことならケンロクへ!)

2021/05/10

目の疲れ(中医学のことならケンロクへ!)

ステイホームの期間が続き、スマホやパソコンを見る時間が長くなり、目の疲れを感じていませんか?目の奥が疲れたり、

目がショボショボしたりしていませんか?

 

一口に「眼精疲労」と言っても、画面を長時間見続けたことが原因のこともあれば、「肝」が原因となって目の疲れが

出ていることもあります。

 

目を酷使すると「肝」を消耗します。また、「肝」は目に開竅する(反映する)と中医学では考えます。目と「肝」は

深い関係があるのです。

 

肝は血を貯蔵し、体内の血流量を調整しています。

肝が血で満たされると、気もスムーズに全身を流れ、臓腑の活動が正常に行われます。

 

しかし、肝の機能がうまく働かないと、脾胃に影響し、栄養物質が吸収されにくくなり、胃のもたれ、食欲不振や、嘔吐や

ゲップ、下痢や便秘となります。

 

また、肝は情緒の安定に関与するので、肝が不調だとイライラ、クヨクヨといった感情になりやすく、わずかな刺激で

怒ったりします。

 

 

クコの実と菊花はどちらも目の疲れを取ってくれます。お湯を注いで枸杞菊花茶としてどうぞ。

 

 

☆クコの実

  目の疲れを取り、肺を潤します。

 

  肝、腎の動きを活性化します。

 

☆菊花

目の疲れ、充血を取ります。

 

体の熱を取り除き、風邪によるのぼせに効きます。

 

 

高級漢方サプリメント

健康サプリ通販

中医学セミナー

漢方健康セミナー

 

株式会社 健禄

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。