内風について

お問い合わせはこちらWEBショップはこちら

内風について

内風について

2021/04/13

内風について

春は、外からの病気の原因である「風邪(ふうじゃ)」の影響を受けやすい、と先月お伝えしましたが、

今回は体の内側の風「内風(ないふう)」についてです。

 

体内で風が起きることをイメージしてみて下さい。

ゆらゆら、ぶるぶる、グルグル・・・

痙攣、麻痺、めまいといった症状。これらは内風によって引き起こされることがあります。

 

原因となるのは、気や血の運行がスムーズでないこと。

陰血が不足して、筋や脈に栄養が行きわたらないこと。

 

これらの機能を行っているのが「肝」です。

 

怒りの感情は肝に影響を与えます。

怒りは肝の機能を失調させ、さらにイライラしやすくなったり、気持ちが鬱々となったりします。

 

ご自身をいたわり、肝をいたわり、清らかで生き生きとした春を健やかにお過ごし下さい。

 

 

☆牛レバー

  血を補い、肝機能を養い、目の不調を解消し、脾のはたらきを良くします。

 

  飲酒による不調を解消します。

 

  薬膳では「以臓補臓」という考え方があります。

  「不調のある臓器を、動物の同じ臓器により補う」という考え方です。

  豚レバー、鶏レバーも肝機能に効果があります。

 

☆グレープフルーツ

  胃もたれ、疲労、二日酔いに効きます。

 

気を巡らせる作用があり、気血の運行を良くします。

 

 

高級漢方サプリメント

健康サプリ通販

中医学セミナー

漢方健康セミナー

 

株式会社 健禄

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。