陰と陽

お問い合わせはこちらWEBショップはこちら

陰と陽

陰と陽

2021/03/24

陰と陽

コロナの流行により、日々「陰性」「陽性」という言葉を耳にします。

略字では「陽」は「阳」、「陰」は「阴」と書きます。

太陽と月。

対になっていますね。

 

中国の古代哲学である「陰陽学説」では、万物は陰か陽に分類されると考えます。

例を挙げると、

天と地、昼と夜、春夏と秋冬、熱暖と寒涼、男と女、運動と停止、上昇と下降

といった具合です。

 

また、陰と陽は絶えず変化し、一方が増加すると、もう一方は減少すると考えます。

春分の日は陰陽が半分ずつで、昼と夜の長さが一緒となります。

この春分を境に、少しずつ陽が高まっていき、夏至には陽が最も盛んになるのです。

 

 

人間は自然界の一部であり、この変化による影響を常に体に受けて生きています。

今の時期は肝の気が上がりやすく、イライラしたり、気が急いだりしやすくなります。

 

自然が徐々に移り変わるように、ゆったりとした気持ちを意識して過ごしましょう。

 

 

☆ニラ

  体を温め、気や血の巡りをよくし、古血を取り除きます。

 

  胃腸の弱い人、熱っぽい人は摂り過ぎに注意が必要です。

 

☆アスパラガス

  陰を補い、体の余分な熱を取ります。

 

  血圧を下げ、空咳、喉の痛み、便秘などに効果があります。

 

 

高級漢方サプリメント

健康サプリ通販

中医学セミナー

漢方健康セミナー

 

株式会社 健禄

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。