お客様からのご感想などを記事で紹介しながら通販サイトで製造した健康サプリを販売

お問い合わせはこちらWEBショップはこちら

ブログ

中国古来の健康維持の叡智に関するコラム記事などを執筆

セミナーの開催報告やお客様からのご感想なども記事でご紹介

食品添加物などといった「外邪」、ストレスによって体内で生成される「内邪」に分けられる「邪気(毒素)」を体内に溜め込んでしまう方も多い現代の日本において、この毒素の排出に古来中国で貢献し続けてきた叡智が存在し、この叡智を日本の皆様にもお伝えしていくべく健康サプリの販売や講演活動などに従事してまいりました。
セミナーの今後の開催情報や開催後の報告を記事に執筆したり、直近でいただいたお客様からのご感想などを記事でご紹介したりと、文字媒体での情報発信も積極的に行ってまいります。

春は、外からの病気の原因である「風邪(ふうじゃ)」の影響を受けやすい、と先月お伝えしましたが、今回は体の内側の風「内風(ないふう)」についてです。体内で風が起きることをイメージしてみて下さ…

ブログでお伝えしている、食材の効能。「体を温める」とか「肝を養う」とか「イライラを鎮める」とか、なぜそのようなことが分かるのか不思議ではありませんか?食材や生薬にはそれぞれ特性が備わってい…

陰と陽

2021/03/24

コロナの流行により、日々「陰性」「陽性」という言葉を耳にします。略字では「陽」は「」、「陰」は「」と書きます。太陽と月。対になっていますね。中国の古代哲学である「陰陽学説」では、万物は陰か…

3月も半ばを過ぎ、桜の開花が聞かれるようになりました。季節の移ろいを肌で感じる頃です。春は、風邪(ふうじゃ)が体表から侵入しやすくなります。風邪とは、外からの病気の原因である邪気の1つです…

日に日に暖かくなり、春の日差しを感じられるようになりました。自然界でも草木が芽吹き、生き物たちが動き出す季節です。この時期、気温が上がると、肌表の理(そうり)が開きます。「理」とは、体表に…

雨水

2021/02/25

二十四節季では、2/18~3/4は雨水と呼び、雪が春の雨に変わり、雪解けが始まる時季です。春一番の便りが聞かれるのもこの頃です。冬の間、早く寝て、ゆっくり起きる方が腎の精を消耗させないと言われます…

立春

2021/02/04

節分も過ぎ、春が近づいてきましたが、まだまだ寒さは強く、体は寒いもののが、気持ちは春に向かっています。このような時期には自律神経が乱れます。腎のバランスが崩れると、恐れの感情が出て、肝のバ…

2021/01/23

前回はおせち料理の話をしましたが、今回はお正月といえば、まず最初に口にするのがお屠蘇(とそ)です。お屠蘇の起因は嵯峨天皇時代(1100年前)唐よりもたらされた屠蘇白散と称する霊薬(くすり)を献…

2021/01/12

お正月が過ぎたとたん寒波がやって来ました。 昔の人はそれがわかっていたのでしょうか? 正月にお節料理を食べて補腎(腎の働きを上げる)をして 寒さに備えてきました 栗きんとんの栗は膝、腰を強くし…

腎は西洋医学の泌尿器系としての働きだけではなく生殖系やホルモン系まで含まれ、主な働きは精を貯蔵しているところです。寒邪によって腎がダメージを受けると水の代謝が悪くなり尿のトラブルやむくみな…

ただ健康サプリを販売して営利活動を進めていくのではなく、大前提として「日本人に本物の健康をお伝えする」という理念が存在します。代表が幼い頃から病弱だった経緯があり健康への関心が強かったため、このように健康に関する会社を経営するに至り、古代中国から何千年もの間受け継がれる不変の健康対策の叡智と出会い、その叡智を元に本物の健康をお伝えするために活動を続けてまいりました。
営利活動はあくまでもその手段の一つであり、まず第一にお客様の健康を支えることを大切としてきました。本物の健康を日本の方々にお伝えする手段として、本の執筆・出版や、セミナーを東京・大阪などの各地で開催などが挙げられます。セミナーの日時や開催地などが決まったときや開催後の報告などを記事にして更新していくとともに、ネット上の文字媒体という形で健康に関するコラム記事などを執筆していくことで、日本の皆様に本物の健康をお伝えいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。